読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あめふと部

現役大学生フットボーラーによる情報サイト

【2017年】40yrd走NFLのコンバイン、新記録更新4.22秒

現地時間2月28日から7日間の3月6日にかけて2017年スカウティングコンバインが行われました。

 1位のJOHN ROSS (WR)の4.22という記録は、スカウティングコンバインの中では歴代で最高記録でした。

 

記録【2017年】TOP5

2017年40yrd走のトップ5の記録は以下のようになりました。

1位 4.22

JOHN ROSS (WR) 

 

2位 4.28

JALEN MYRICK (CB)

 

3位 4.31

CURTIS SAMUEL(WR)

 

4位 4.35

FABIAN MOREAU (CB)

 

5位 4.36

MARSHON LTTIMORE (CB)

 参考リンク

NFL Events: Combine Top Performers

 

新記録の動画

4.22秒を記録したときの動画はこちらです。

走り方は陸上選手のようにきれいなフォームではなく、若干前のめり気味の独特な走りかたです。

 

アイシールド21の選手の記録

1位 4秒1 パンサー

2位 4秒2 セナ、クリフォード、進

というようになっています。

100分の1のタイムまで書かれていませんが、おそらくジャストではなく、〇.〇秒台という意味です。

 

まとめ

今回の記録から見てみると、セナ君やパンサー君などの記録は高校生ですのでバケモノであることがわかります。 また、1位から15位までの選手全員、黒人選手です。アイシールド21での黒人のパンサー君の圧倒的スピードも納得できるような気もします。

 

 
 

【オフェンスライン】OLアメリカンフットボールポジション紹介

ポジション紹介

 オフェンスライン(OL)の仕事は主に2つ!

それはランニングバックが走るために道を力づくで開ける

パスをするときに、投げるクォーターバックを守る

以上の二つが主な仕事です。

アイシールド21 37 (ジャンプコミックス)

 

以下OLと呼びます。

OLはアメフトで唯一目立てないポジションです。ディフェンスの選手はタックルという目立てるポイントがあります。他のオフェンスはタッチダウンをとれるチャンスがあります。ただ、OLだけはボールを持てないというルールがるため、タッチダウンをとることができません。ファンブルなどをしてそれを拾ってタッチダウンできるという例外はありますがリーグで1年に1回歩かないかぐらいだと思います。

ただ、OLの強さは目立ちませんが試合を大きく左右します。強くなければランプレーもパスプレーも本当に進みません。

ですので、

縁の下の力持ち

という言葉がふさわしいポジションではあります。

 

OLのポジションは3種類

f:id:rocketman5th:20170215211750p:plain

 ラインは最前線に配置します。

f:id:rocketman5th:20170215211905p:plain

ラインの中でポジションはセンターガードタックル3種類に分かれています。

センター

センターはボールを最初にQBに渡すという仕事があります。

f:id:rocketman5th:20170215222027p:plain

センターだいたい目の前のやつにボコッとぶつかることが多いので、動くことが少ないです。ですので、OLのなかでも体重が重い人多いです。

 

ガード

センターの横に位置するポジションです。逆サイドへ走って数的有利を作る作戦などがあるのですが、その時のこのガードが移動することが多いです。パワーやスイープといったプレーがそれにあたります。

f:id:rocketman5th:20170215230210p:plain

ですので、OLの中でも走れるふとっちょが多いです。そうなると、体重は他のOLより少ない場合が多いです。

 

タックル

よくわからん!

ただ、パスの時にDEという人がめっちゃQBぶっ殺しに来るんだけど、それを守るのがとても大変そう、いつもありがとうございます。

これは多分、腕が長いほうが有利ですので、身長高めの人が多いイメージ。

 

以上3種類OLにはあります!

 

背番号に制限がある

OLには背番号に制限があります。

50~79までの番号しかOLはつけれません。

それは、OLはパスを投げるまで3yrd以上出てはいけないというルールがあるため、それを審判が出てないかわかりやすいためにあります。

 

オフェンスラインのプレー動画

これはパッカーズというNFLのOLの良いプレーを集めたハイライト動画です。

見どころはこのチームはパスの多いチームですので、なげるQBを守るパスプロテクションがすごいです。多分アメフトやったことない人はOLよりもボールを持っていいる選手に目が行くと思います。笑

でも、その選手が駆け抜けているルートはOLがブロックしてできたルートですので、そこを見ると少しOLの魅力が伝わると思います。

 

以上OLの紹介でした!

【クォーターバック】QBアメリカンフットボールポジション紹介

ポジション紹介

アメリカンフットボールの花形ポジションと言えば、

クォーターバック(QB)です!

アイシールド21でいうと「蛭魔妖一」ヒルマさんのポジションです。

アイシールド21 9 (ジャンプコミックスDIGITAL)

オフェンスでは最も勝負のカギを握るポジションと言ってもよいでしょう。野球でいうならばピッチャーくらい大切なポジションです。

QBの2つのタイプ

QBには2つのタイプがいます。

ポケットパサー

ポケットパサーとはOL(オフェンシブライン)のパスを阻害されないように作った壁の内側で投げるようなQBのことをさします。

WRに投げる、RBに渡す。主にこの2つを駆使してプレーします。昔はこのタイプしかいませんでした。

 

現在のNFL(2016年)でいうと

なんかがポケットパサーです。

 

緑がアーロン・ロジャースです。球のスピードと視野がものすごいです。ちなみに相手の白いほうはイーライ・マニングというこちらもポケットパサーです。ペイトン・マニングという去年引退しためちゃ凄いQBの弟さんです。

パッカーズVSジャイアンツ ハイライト

 

モバイルQB

モバイルQBは最近出現した新しいタイプのQBです。それまで「投げる」か、「渡す」しかなかったQBの選択肢に「走る」というものを持ち合わせています。

「QBが走るプレー」やQBかRBのどちらかが走る「オプションプレー」を多く使います。

選択肢が増えて、ディフェンスは非常に守りにくくなります。

 

しかし、デメリットもあります。

それは、QBがケガをする可能性が高まるということです。本来あまりタックルされないポジションであるが、走ることによりタックルされけがをする可能性が高くなります。

野球でいうとQBは毎試合出れるエースピッチャーのようなものです。ですので、チームとしてはあまりQBを走らせたくはありません。

 

現在のNFL(2016)でいうと

キャム・ニュートン(パンサーズ)

ラッセル・ウィルソン(シーホークス

マーカス・マリオタ(タイタンズ

といった感じです。

日本でもアメリカでも今はこのモバイルQBが多いです。

 

今年アメリカで準優勝したアラバマ大学のJalen・hurts選手がTHEモバイルQBって感じだったので動画を載せておきます。

Jalen・hurts ハイライト

QBの魅力

自分でゲームを操ることができるのが魅力ではないでしょうか。負けたときは一番悔しいし、勝った時は一番嬉しいポジションだと思います。

アメリカでは一番モテルポジションだそうですが、日本ではそうでもないです。僕が実証しました。

他人を輝かせることが好きな人には向いていると思います。サッカーでいうとアシストが好き的な感じです。

僕は自分が最も輝きたい人なので難しいポジションでした。

 

向いている経験スポーツ

普通に考えて野球です。多分ですが日本の大学のQBはほぼ、アメフト経験者or野球経験者だと思われます。

ボールを投げるのは難しいし、アメフトを理解してないと厳しいものがあります。

 

遠投

アメフトのボールは野球ボールと比べ大きく、形も楕円形で投げるのは難しいです。

f:id:rocketman5th:20170206211041p:plain

重さは約400g

(野球ボール約145g)

ですので意外と投げてみると重いです。

 

遠投記録は公式には出てないようです。

見た感じでは80yrdくらいじゃね?って感じです。

ちなみに僕は40yrdです。

 

まとめ

かなり個性の出てくるポジションだと思います。

【ランニングバック】RBアメリカンフットボールポジション紹介

ポジション紹介

 ランニングバック【RB】はボールを持って走るポジションです。

 アイシールド21の主人公「小早川セナ」のポジションでもあります。

 

フルバックとテールバックの違い

ランニングバック(RB)はテールバック(TB)、フルバック(FB)に主に分類されます。

f:id:rocketman5th:20170202155043p:plain

これはアイフォーメーションと呼ばれている、オフェンスのよく使われているフォーメーションのひとつです。

テールバック TB

こちらがアイシールド21の主人公のポジションです。

アニメからもわかるとおり、小柄の人でもできるポジションです。スピードや素早いステップなどで相手を抜き去っていく力が要求されます。

フルバック FB

TBとちがって、少しだけ進みたいときに活躍します。ゴリゴリというか倒れないで前に突進する力が求められます。身長というよりは体重が多い体の大きい人が多いです。

 

背番号21について

アイシールド21 12 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 アイシールド21の主人公「小早川セナ」は21番です。

僕は入部する前は21番ってまじで凄い人がつけているのかなと思っていました。しかし、実際には21番をつけている人はあまりいません。たまに、160㎝台の身長の人がつけていることがありますが、その人は多分意識して着けていると思います。

 

ランニングバックよりもディフェンシブバックというディフェンスの人がつけている場合のほうが多いと思います。

でも、アメフトを知らない人から見たら背番号21だったら凄い人だと思われる気もします。

 

デビルバットゴーストは本当にあるのか

クロスオーバーステップを歩幅を縮めて行うステップのことを言うそうです。

通常走っていて、右に曲がるときって左足で地面を蹴って曲がります。しかし、クロスオーバーステップは右足で地面を蹴って曲がります。右足で地面を蹴って右に曲がる左足が右足の前をクロスすることになります。

ですのでクロスオーバステップができれば、同じ足でどちらにも曲がれるので予測がつきにくいです。

漫画的には消えてように見えるとか。

うわぁデビルバットゴーストだ~~

とかは試合ではわかりません。

あ、抜かれたわ

的な感じで試合では抜かれます。

 

光速の世界 4.2秒は現実世界でもバケモノ

アメフトは選手を評価する基準に40ヤード走というものがあります。

1ヤードは0.91440183メートルなので、

40ヤードとは約36.6メートルになります。

 

NFLでは日本と同じように野球のドラフトのようなものがあります。

その際、能力テストを行います。その際に40yrd走のタイムを計ります。

 

2016年度のBEST3です。

f:id:rocketman5th:20170203154602p:plain

 

2015年度のBEST3

f:id:rocketman5th:20170203154716p:plain

参照サイトNFL Events: Combine Top Performers

 

ちなみに2008年以降で最も早かった選手は

4.24秒でした。

 

他の年代も見てみましたが1年に0~2人いるといった具合でした。

ただ、この人たちは大学卒業者で「セナ君」は高校1年生ですので

「バケモノ」です。

 

ランニングバックのスター選手

マーション・リンチ(Marshawn Lynch)

昨シーズン2015シーズンで引退した。

野獣のような走りからビーストモードなどと言われてる。

ここ最近では最も優れたRBだったんじゃないかと思います。

www.youtube.com

 

まとめ

僕的には一番かっこいいポジションだと思います。アメフトを少しでも見たことある人ならわかると思いますが、得点をとれるポジションはだいたいこのランニングバックとワイドレシーバーというポジションです。しかし試合ではこのワイドレシーバーはクウォータバックに投げられたボールを取ります。つまり、最初カメラがクウォーターバックを見ているため最初から最後までかっこいい場面のとってくれないのです。

その点ランニングバックはクウォーターバックの近くにセットしているため最初から最後までかっこいいところをカメラで撮ってもらえる確率が高いのです。